XML サイトマップ

SEO対策では、早く正しく伝えるために XML サイトマップを作成する必要があります。多くのWebサイトでは、利用者が提供コンテンツを探しやすくするためにサイトマップを提供します。同様に、検索エンジンにサイト構成を伝える際にもサイトマップが利用されますが、このサイトマップは利用者のためのものとは少し異なります。
XMLサイトマップとは、 Webサイトのページリストを指定し、検索エンジンに 早くWebサイトの構成を伝えるためのファイルです。ク口ーラはこのファイル を読み込むことで、抜け漏れなくより正確にサイトの情報を収集できるようになります。
XMLサイトマップでは、 Webページの最終更新日、更新頻度、 Webサイト内のほかのURLと比較した相対的な重要度などの関連情報を記載し、検索工ンジンに伝えられます。また、動画や画像、モバイルコンテンツなど、特定のタイプのコンテンツに関する情報を検索エンジンに提供することもできます。Googleは動画、画像それぞれについて、以下の情報をサイトマップで指定できるとしています 。動画サイトマップ 再生時間、カテゴリ、年齢制限のレーテイングの指定、 画像サイトマップ 画像のテーマ、タイプ、ライセンスなどの指定。
XMLサイトマップを用意して検索エンジンに登録すると、クローラが回ってくるまでの時間が短くなり、抜け漏れなく情報を収集してくれます。また、検索エンジンが提供しているツールによっては、 XMLサイトマップを登録しないと得られない情報もあるので、必ず用意しましょう。
XMLサイトマップを利用するには、クローラがXMLサイトマップにアクセスできるよう、 Webサイトと同じサーバにアップする必要があります。そして、検索エンジンにアップした場所を伝え、更新するたびに情報を検索エンジンに伝えることで、各種効果を得られるようになります。
Google は、各Webページ‘が Webサイ ト内のほかのペ ジから適切にリンクされていれば、ほとんどのページを検出できるとしていますが、 特に以下の条件に当てはまるWebサイトの場合は、サイトマップを設置したほうが良いとしています。

  • 漏れなくクロールされるようになるページ数が非常に多い
  • どこからもリンクされていたページが多量にある
  • 新しくできた外部リンクの少ない Webサイト
  • サイトマップの追加情報が考慮されるリッチメディアコンテンツを使用している
  • Google二ュースに表示されている
  • ほかのサイトマップ対応アノテーションを使用しているWebサイト

    XMLサイトマップ以外の形式でも、検索エンジンにWebサイトの情報を伝えることができます。例えば、サイトマップにぺージの URLしか含めない場合は、 URLを1行 に1件ずつ指定した簡単なテキストファイルを作成し、それをサイトマップとして利用することもできま す。