URLの正規化

ECサイトでユーザーセッションや検索設定により、同じ商品ページに複数の動的URLが生成されたり、ブログで複数の項目下に同じ投稿を配置したために複数のURL が自動的に保存されたりするととで、 1つのページに複数URLが存在してしまうことがあります。SEO対策で評価を得るには、必ず1つにする必要があります。このように、 このURLも廃止するわけにはいかない場合は、リダイレクトではなく 、どのコンテンツがもっとも大切かをクローラに伝える方法で対応します。
• rel=”canonical” によるオリジナル指定、複数URLからアクセスできるページで、メインのURLを正規と非正規のすべてのページのhead セクシヨ
ンにのコードを追加します。

URLの正規化や設計時の注意点
Google もサ-バー側での301 リダイレクトは、ユーザーや検索エンジンを正しいページに確実に誘導するのに最善の方法ですとしているように、 利用者が対象URLを見る必要がないなら、正規URL以外には301リダイレク卜を設定するのが正しい。リダイレクトやrel=”canonical” リンク要素による設定は、設定作業自体が大変で手間がかかりますし、運営時にミスを生じやすくなります。
URLの設計時にはできるだけ重複が生じないようにし、また管理がしやすく利用者にもわかりやすいように、単純な構造になるよう心がけましょう。
1ページに複数のURLからアクセスできると、検索エン ジンに適切にインデックス されていないだけでなく、評価を下げられてしまう危険があります。