http://www.sneakersonlineoutlet.com/wp-content/uploads/2017/03/7.jpg
結婚指輪
http://www.sneakersonlineoutlet.com/wp-content/uploads/2017/03/3.jpg
婚約指輪
http://www.sneakersonlineoutlet.com/wp-content/uploads/2016/12/cropped-ring01.jpg
結婚指輪

マナー

宝石を見る

一流の宝飾店の品位を維持するために、そこを訪れる顧客にもいくつかのマナーが要求されます。高級フランス料理のレストランでお食事をするときと、気取りのない居酒屋で飲むときとでは、気分や服装、声の大ききだって変わってきますよね。同様に、街のチープなアクセサリー屋さんを覗くのと、一流の宝飾店で本物の宝石を見るのとではやっぱり気分が違います。店内が賑わっていても、決して騒々しくはない宝飾店で、上流階級の気分になるのも悪くないですよ。ここは少し気取って、宝石にふさわしく優雅にふるまいましょう。

高価な宝石の中から選ぶの、ですから、商品を大切に扱うこと、他のお客さまの迷惑にならないようにするといった最低限のマナーは守らなければいけません。次に、意するとよいことを記載します。

手は清潔

ダイヤモンドのように油になじみやすい宝石があります。つまり油汚れがつきやすいということなので、ファンデーションなどにも注意して、清潔な手で取り扱いましょう。

宝石はカルトンの上で

宝石は、カルトンというベルベットの布を張ったお盆の上に取り出してくれるはずです。取り扱いもこの上、て行いましょう。ショーケースのガラスの上や床に落としたりしないように注意しましょう。

やたら数多くの商品を並べない

下見にせよ手にはめてみなければ似合うかどうかわからないのですが、そうはいっても限度があります。あれもこれもとショーケースからたくさん出させて並べさせるのも困りものです。

商品の扱いは丁寧に

いくつかの商品を一緒につけて比べてみることは、宝石選びの基本のひとつです。しかし、高価な品なので取り扱いには充分気をつけてください。リング同士が擦れ合ったり、ぶつかったりしないよう注意が必要です。石によって硬さが違います。柔らかい石やリングのアームの部分に傷をつけてしまうことのないようにしましょう。とくに真珠など傷つきゃすい宝石はていねいにしましょう。爪がのびている人も気をつけましょう。